日常の最中に、

ちょっとした楽しみを。

header-img

うたの日コンサート2017感想【HY、BEGIN、藤原さくら】

f:id:saichu:20170625004742j:plain

梅雨が明けたよ暑いよ沖縄。

 

どうもー、もなかです。

 

 

昨日は慰霊の日でした。
学校や役所は休みで道は空いてるし12時には1分間の黙祷。

でもまあ結局それ以外は普通の1日だったり。

 

そして翌日の今日6月24日はうたの日です!

今年は初めてうたの日コンサートに行ってきました!

うたの日コンサートとは

慰霊の日の翌日24日を「うたの日」と制定し、以降の土日どちらかに開催されるのが「うたの日コンサート」

うたの日とは | うたの日オフィシャルサイト

2001年に沖縄で始まり、以来名前や場所や料金を変えながらも今まで毎年続いている「うた」を主役とした「うた」に感謝する場なのです!

2017年うたの日コンサート

梅雨も明け快晴の沖縄で! 野外コンサートだよ!
サイッコーじゃん!!

そりゃあオリオンビールも飲むさーね!

トップバッターHY

最高かな?

なんだかんだ生HYは初めてだったので初っ端からテンションがすごい。
『ホワイトビーチ』とかもうたまらん! 夏だ!!

いーずーの歌声ぱねえ。これがライザップの力。

 

『HAPPY』って曲を歌う前に観客に「最近あったHAPPYなこと」をボーカルのひーでーが聞きに降りてきてたんだけど
観客の女の子が「HYに会えたこと!」つって。

ひーでーが「仕込みじゃないよ!」とかいいつつ「HYに会えてー」の掛け声に観客みんなで「HAPPY!!!」の合唱。

女の子は嬉しさで号泣。ひーでーは「ハッピーなのに泣いてるのー?」つって。

 

一生忘れないだろうなー。良かったね。おじさんも思わずハッピーな気分さ。

魅力的なアーティスト達

他にも3ピースバンドcainoや会場の嘉手納出身19歳ラッパーR'kuma、坂本愛江さんのステージも大盛り上がり!

曲とか知らなかったけどこういう新しい音楽との出会いもあるのが魅力ですね!

虹も出てきて雰囲気サイコー! と思ったけどほとんど写真に写ってないね。

 

カラオケ「島人ぬ宝」オーディション企画で選ばれた一般人の方もBEGINの演奏にエイサーの演舞の中、気持ちよさそうに熱唱してました。客席からも「イーヤーサーサー」の掛け声や指笛が飛び交い、一体感がすごくて楽しかった。

BEGIN

みんな大好きBEGIN。

沖縄の太陽の下、海のすぐそばで聞く『海の声』。間違いないね。
聞こえたもんね。海の声。

アイツ活舌悪くて何言ってるかわかんなかったけど。

 

エイサーやフラダンスのパフォーマンスもあって聞いてよし、見てよし、踊ってよしの三方よしでした。(多分使い方違う)

子供たち可愛いかった。フラのお姉さんも。

藤原さくら

圧 倒 的 か わ い い

まあ今回はこの子目当てなんでね。妻がね。
車でずっと聞いてるし結婚式のBGMにも流しました。

出てきて、『soup』歌って、キャー!なって。

首里城やビーチ行ってただの観光客でした! とか

ゴーヤーチャンプルー、ジーマーミ豆腐食べました! とか

観客の反応に対して
(沖縄県民は)素晴らしい国民性ですね! って言ってて

多分みんな「???」なってた。天然かわいい。


最後にスピッツの『春の歌』カバーを歌ってたんだけど
入りでギターの演奏を「間違えた!」って。

 

圧 倒 的 か わ い い

『かわいい』は歌ってませんでした。

マルシャ・ショーラ

ちょっと間は省略しましたが最後は90分ぶっ続けで昭和の代表曲メドレー!
わかんない曲ばっかだったけど楽しかった!

出演アーティスト達も出てきて、藤原さくらが『年下の男の子』とか歌ってました。

 

今度はBEGIN本人が『島人ぬ宝』を歌い、『オジー自慢のオリオンビール』『国道508号線』とおなじみの曲でテンションを上げて『笑顔のまんま』。

これは本当名曲だわー。好きだわー。

歌詞載せたいけどダメなんでしょ? まじかよー。


生きてるだけでJAS〇ACがまるもうけかよ。

 

 

最後は出演アーティスト全員で『うたのうた』。

こういう一人ワンフレーズで繋いでいくみたいなの反則だよね。
それぞれ個性出してきやがって! 最高か!

で最終的に大合唱。アツいわ。たまらんわ。

 

素で語彙力がなさすぎてツライ。

感想まとめ

楽しかったー!!

ぜひ来年も行きたい。参加アーティスト期待。

 

藤原さくらは是非ワンマンでも沖縄来てください。

やっぱりライブって楽しい。
他のアーティストもチェックしてまた行こう。

 

 

あ、うたの日終わってる。(0時)

 

以上、もなかでした。